たるみを直す

まずは原因を知ろう

いつの間にか、若い頃に比べて垂れ目になっている、口角が下を向いているという発見をした経験がある人は少なくないのではないでしょうか。
目尻や口角がこのように下に下がってしまうのでは、肌がたるんでしまっているからです。

肌のたるみは、老化現象の1つとされていますが、たるみ方には個人差があり、早い人は20代後半からたるみはじめ、30代の後半には顔が変わって見えるほど、肌全体がたるんでしまう人もいます。
逆に、何歳になってもたるまず、ハリのある肌を維持していえる人もいます。
この差は一体何なのでしょうか?

肌の弾力は、表皮の下にある真皮層という部分に存在するコラーゲンやエラスチンによって保たれています。
しかし、コラーゲンやエラスチンは年齢と共に徐々に減ってしまい、肌の重さに耐えられなくなり、たるみが起こるようになってしまいます。

また、コラーゲンやエラスチンは紫外線に当たることで破壊されますので、紫外線対策をしないで日焼けをし続けてきた人は、たるみが起こりやすくなります。
それと、肌が乾燥して水分不足になると、コラーゲンやエラスチンが存在している真皮層がスカスカの状態になってしまい、コラーゲンやエラスチンも縮小してしまうため、肌にハリがなくなってしまい、たるみが起こるようになります。

このように、肌がたるむ原因は色々ありますが、あなたのたるみはどうして起こっているのでしょうか?
自分の肌がたるんでいる原因を知ることが、たるみを改善する第一歩。
今までの自分をよく振り返ってみましょう。

直す方法

肌のたるみを改善するには、まずは十分に保湿することが大切です。
赤ちゃんの肌がとてもプルプルで潤っているのは、肌にたっぷりと水分が含まれているからです。
特に、今まで紫外線対策もしていなかった人は、肌の真皮層がダメージを受けていて、肌の水分が保てない状態になっていますので、こまめに保湿するようにしましょう。

肌を保湿するには、化粧水を使用します。
洗顔した後にたっぷりと化粧水を肌に付けて、その後に水分が蒸発しないように、乳液や美容液などの油分を含むクリームでカバーしてください。

また、刺激が強いクレンジング剤や洗顔料を朝晩使い続けると、肌の潤いを守っている皮脂までも洗い流してしまい、それが原因で肌が乾燥している人も多くなっています。
いくら保湿しても、洗顔法が間違っていては、肌の乾燥は悪化するばかりで、たるみも改善されません。

クレンジングの後に洗顔料で顔を洗うダブル洗顔は止めるようにし、朝もなるべく洗顔料を使用しないようにするなどして、肌の皮脂が無くならないように気をつけるようにしましょう。

それと、たるみを改善するには、顔の筋肉を鍛えることも有効です。
口や目を大きく開けたり、閉じたりするだけで鍛えることができますので、メイクの前に実践するようにしましょう。