スキンケアの疑問

毎日の肌のお手入れはこれでいいの?

誰でも1つや2つの肌のトラブルは抱えています。
なかなか改善されない肌のトラブルが大きな悩みになっている人も多いことでしょう。

なかなか肌のトラブルが改善されないので、私のスキンケアはこれで良いのだろうか?
そう疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

しわやたるみ、シミ、くすみ、このような様々な肌のトラブルの多くは、間違ったスキンケアが原因になっていると言われています。
いくら丁寧にスキンケアをしても、肌のトラブルが改善されないのなら、そのスキンケアは間違っている可能性があります。
これを機会に正しいスキンケアに切り替えていきましょう。

一番間違われやすいスキンケアは、洗顔です。
洗顔は、洗顔料を使って毛穴まできれいに洗わなければならないと思われがちですが、実は、それが大きな間違いなのです。

洗顔料は、確か肌の汚れをきれいに落としてくれますが、汚れだけではなく、肌に皮脂まで落とします。
洗顔をした後に肌がつっぱることがありますが、それは皮脂も落ちてしまった時の状態です。

肌の皮脂は、肌の水分の蒸発を防いだり、肌に細菌などが付かないようにする働きがあります。
これを皮脂のバリア機能と呼びますが、皮脂が落ちてしまうと肌はバリアを無くしてしまうわけですから、様々なトラブルを起こすようになってしまうのです。

正しいスキンケア

トラブルが起き難い肌にするには、正しいスキンケアを行う必要があります。
スキンケアの基礎は何といっても洗顔です。
洗顔法を変えるだけで肌の調子が整ってきますので、是非、自分の洗顔法を見直してください。

正しい洗顔法は、絶対にゴシゴシ擦らないこと。
そして、洗顔料を使い過ぎないということです。

ゴシゴシ擦って洗った方が汚れもきれいに落ちそうですが、ゴシゴシ擦ってしまうと肌を傷めてしまうので、肌のトラブルの原因になります。
洗顔をする時は、洗顔料をよく泡だてて、その泡で包みこむように優しく洗うようにしましょう。

しかし、洗顔料の使い過ぎは皮脂を減少させてしまいます。
特にクレンジングの後に洗顔料を使って顔を洗うダブル洗顔は厳禁です。

クレンジングだけで、メイクも顔の汚れもきれいに落ちていますので、神経質に洗う必要はありません。
オイル系のクレンジングを使用すると、ヌルヌル感があって、洗顔料を使いたくなるので、他のタイプのクレンジングに変えてみると良いでしょう。

また、洗顔の後はできるだけ早く保湿することが大切ですが、保湿=油分だと勘違いしている人が多く、洗顔した肌にすぐに美容液や乳液などを付ける人がいます。
しかし、保湿とは水分を補充することですので、これは間違いです。

洗顔後はいきなり美容液などを付けるのではなく、化粧水で水分を肌に与えてください。
その後に美容液などを付けると、水分の蒸発を防ぐので、保湿効果が高まります。
是非、実践してください。