顔が大きい

小顔とは、小さい顔の事です。西洋の美しいプロポーションの方をご覧になり、小顔美人だとおっしゃる方もおられます。フィギュアスケートの選手が参考になるでしょう。

血流を良くして、顔のむくみを取ることが第一歩です。そこからオリジナルの美顔術を編み出し、もっとキレイになりましょう。

目指せ小顔美人

小顔美人を目指していても、なかなかなれないのが今の常識。でも、何とかして小顔になりたいと思う方は、いったいどうすればいいのでしょうか?

小顔になる条件として、骨格の矯正が出来るかどうかや、痛みに耐えられるかなどがあります。本来、人間の顔はそう簡単に矯正出来ません。整形手術のように、長い時間をかけて少しずつ矯正していくやり方が主流です。

顔の骨を削ってでも矯正を行う方や、顔の筋肉を鍛えて、シャープな顔の形を作ろうとされる方もおられます。ただ、素人のケアではきちんとした結果は出ませんので、専門家に相談しましょう。

対策の一つとして、立体・美骨小顔マッサージがあります。顔の骨の一部分に圧力をかけて、無理やり骨格を矯正するマッサージです。強い圧力がかかりますので、痛みのあまり絶叫されてしまう方もおられるそうです。

ヤフー知恵袋に、顔のマッサージに関する質問があるので、見てみましょう。
>>顔が大きいのが悩みの方の質問を扱うYahoo!知恵袋

その他の小顔対策法

小顔対策のためには、じつはマッサージが一番効果的です。もちろんリンパ腺マッサージも有効ですが、それ以上に「噛み合わせを整えること」が大切です。

あなたが小顔を意識する理由は、鏡に映ったあなたの顔の表情に影響しているかもしれません。あごを鍛えていないと、頬の筋肉がたるんでしまい、あまりマッサージの効果がありません。いい表情を保つことで、自然と小顔に慣れるでしょう。

小顔は顔全体の筋肉を鍛えることでも達成可能です。生まれつき頭蓋骨が大きいとか、何らかの原因で首に強い負荷をかけてしまった方を除き、多くの方が表情筋を上手に鍛えられていない可能性があります。

メイクや発声練習を通じて、自然と小顔になれるように努力をしましょう。なお、メイク次第でいくらでも印象は変わりますので、エステに通う前に、ぜひ一度お考え下さい。