快眠で美肌

よく眠るために

美肌には十分な睡眠が欠かせません。
肌が生まれ変わるターンオーバーは、深夜の11時~2時の間に行われると言われていて、正常にターンオーバーが行われるようにするには、この時間帯には寝ている必要があります。

しかし、寝たいと思っても眠れないという人が多いようです。
眠れないというトラブルは、夜型の傾向が強い現代人の大きな特徴とも言えるでしょう。
眠れる工夫をして、早寝早起きができるようになりましょう。

眠れない原因は、人によって様々ですが、最も多いのは体内時間の乱れだと言われています。
深夜に寝て、午前中いっぱい寝ているような生活をしていると、それが記憶されて、早い時間には眠れなくなってしまうのです。

そのような体内時間を元に戻すには、強制的に早寝するしかありません。
数日間続ければ、自然と早寝ができるようになります。

そのためには、昼間に運動をして体を動かし、体を疲れさせておきましょう。
そして、早めに夕食を食べて、入浴を済ませ、脳を眠る体制に持っていきましょう。

眠るコツ

最近は、不眠症の人が増えていますが、なかなか寝付けないという人は少なくありません。
そのような人は、自分なりに眠るコツを見つけて、快眠できるように心がけましょう。

眠るコツとしては、脳をリラックスさせる方法がおすすめです。
アロマテラピーやヨガ、クラシック音楽、ヒーリング音楽、お酒などがよく利用されているようですので、眠れない人は試してみると良いでしょう。

また、部屋が明るいと脳が安まりませんので、なるべく暗くするようにしてください。
回りの音が気になって眠れないという人は、イヤホンを使って音楽を聴きながら眠るようにすると気にならなくなるでしょう。
ヒーリング音楽は本当におすすめですので、是非、試してみてください。

眠るコツについてお話ししてきましたが、睡眠は、眠れれば良いというわけではなく、質の高さが重要です。
質の高い睡眠だと、短時間の睡眠時間でも脳が十分な休息を取れるので、大丈夫なのだそうです。

質の高い睡眠を取るようにするには、寝具に気を使う必要があります。
特に枕はよく選んだ方が良いと言われていますので、枕だけでも専門店でしっかりした物を購入することをおすすめします。

専門店では、あなたにぴったりの高さ、固さ、大きさの枕を紹介してくれます。
枕を変えることで、よく眠れるようになっただけではなく、肩コリや腰痛も治ったという人も多いですので、損をすることはないでしょう。

あと、ベッドを使用している人は、ベッドのスプリングの固さにも注意が必要です。
柔らか過ぎると寝返りが打ち難かったりして、快眠の妨げになります。
柔らか過ぎる場合は、布団を何枚か重ねるなどして、硬さを調整するようにしてください。