化粧水の選び方

化粧水の選び方について

今、化粧水にも色々な種類があります。自分に合った化粧水を選ぶのがいいとは思いますが、なかなか自分に合った化粧水を選ぶのは難しく感じます。
合わない化粧水を選んだだけで、肌質は悪くなるし、化粧のノリも悪くなります。
できれば、自分に合った、肌に栄養が行き届く化粧水選びをしたいですよね。

化粧水を選ぶのには、まず肌質を見ることが必要です。
肌質は大きく分けて4つ。
「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」「敏感肌」があります。
それぞれの肌質によって選ぶ事で、自分の肌に合う化粧水を探すのが早くなります。

乾燥肌の化粧水

乾燥肌は、何をしてもカサカサしてしまう肌質です。
たっぷり化粧水を使ったのに、またカサカサしてしまう。小じわが多くなりやすいのも乾燥肌で、より保湿を心掛ける必要があります。
よく化粧水には保湿を重視した「しっとりタイプ」と、さらりとしたつけ心地の「さっぱりタイプ」がありますが、乾燥肌は「しっとりタイプ」を選びます。

またそういうタイプではない化粧品の場合は、セラミド配合化粧水が入っている高保湿のものがおススメです。
保湿力が高いので、乾燥肌にはいいですね。
さらに刺激になる成分が入っている場合には、乾燥肌は直接肌の奥まで刺激が行く事があるので、荒れやすいので注意が必要です。

脂性肌の選び方

脂分が多くでてしまう肌で、ベトベトが気になっている人も多いかもしれません。
化粧崩れが気になる肌質だと言います。
脂が出るから、化粧水はあまりという人もいるかもしれませんが、実は脂性肌も保湿が重要です。

水分が足らないと判断しやすい肌質なので、自分自ら、水分を出しているという結果が脂性肌なんです。
もししっとりタイプとさっぱりタイプがあれば、もちろんさっぱりタイプの化粧水がおススメ。
保湿成分はヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸など、さっぱりとした保湿成分が合っています。

またたっぷりと保湿するのがポイント。
乾燥肌の人と同じくらいの量でたっぷりと保湿し、次の日にはしっかりと洗い流す事が肌のターンオーバーを早くして脂が出にくくなるポイントです。

混合肌の人は

やっかいだと思われがちな混合肌。
Tゾーンは脂が出ているのに、それ以外はカサカサして荒れやすい。
そんな人には、混合肌用の化粧水が出ているのでそれをおススメします。

しっとりタイプやさっぱりタイプであれば、しっとりタイプを選ぶのがポイント。
乾燥肌の方に重点を置いて探すのが良いです。
どちらかというと、乾燥部分の方がトラブル多めだからです。
選ぶのであれば、セラミド効果が高いものを。
べたつく部分にももちろん保湿が高いほうがいいですが、乾燥している所のケアを充分にする事でバランスがとれてきます。

敏感肌の人は

敏感肌の原因は「肌の乾燥」です。
乾燥肌と同じように保湿をたっぷりする事が一番の解決早道。
セラミド成分の多い化粧水を選びます。

また、刺激物が多いとみられる化粧水はやめましょう。
天然成分でできているものがいいです。
また、化粧水パックがおススメです。
ちょっと多いんじゃない?っていうくらいにたっぷりパックをすると、肌質が変わってきます。

Comments are closed.