注意点

スーパーマーケットや本屋など、不特定多数の人が来店するサービスは、特に予約は必要ありません。ただし、美容院やエステサロンなどは、予約をしてサービスを受けます。

エステサロンで予約が必要な理由は、「お客さんを待たせないようにするため」であり、「エスティシャンの指名があった場合、それに応えられるようにするため」です。

「予約を取る際の注意点」
エステサロンは、ほとんどが完全予約制です。お客さんが同じ時間に殺到した時、きちんとしたケアが出来なくなることを避ける目的や、時間に余裕を持って来店してもらい、リラックスしてトリートメントを受けてもらう目的があります。

注意点として、妊婦、アレルギー体質、高血圧の人はトリートメントを受けられません。その他に、病院に通院している人のうち、医者にエステサロン通いを止められている人は、ケアが受けられません。

細かい規約はエステサロンによって異なりますし、状況次第では、ケアが受けられる場合もあります。自分の体の状況について、必ずお店に相談しましょう。

「もし遅刻してしまったら」
残念ながら、次のお客さんの予約があるため、トリートメント時間が短くなります。場合によっては、キャンセルとみなされる事もあります。

当日の予約時間までに、お店に必ず遅刻をすることを連絡しましょう。時間の繰り下げなどを行ってもらえるかもしれません。

「その他」
お店も、一日に数十人のケアを担当しています。急に予定を変更する状況になったら、その時点で電話連絡をしましょう。

多くのエステサロンでは、初回のカウンセリングの際にパッチテストを行います。お肌の状況を確認することで、受けられる施術の内容を知ることが出来ます。

エステサロンは自由診療ですので、施術を受けるかどうかはあなたの自由です。良く考えてから、エステサロンや施術内容を選択しましょう。