エステの予約の入れ方

エステサロンの予約は、気をつけていないとつい忘れてしまいます。毎日忙しくしていると、予定が重なってしまい、エステサロンを断念してしまう事もあるでしょう。

休日や長期休暇を取って、短い期間にまとめて通われることをオススメします。費用は分割払いのほうが、経済的にも楽かもしれません。

電話予約

電話予約の場合、直接エステサロンに問い合わせをします。営業時間内の連絡がマナーです。

メリットとして、急ぎの用件にも対応してもらえることや、第一希望の予約時間が成立しなかった時に、すぐに変更が可能なこと、受付の対応次第で店の質を推測可能な点があります。

デメリットとして、話が苦手な方は、応答がスムーズに出来ない可能性があること、回線が混雑している場合、改めて電話しなおす必要がある可能性、メモを取らないと、自分が予約した時間が分からなくなる点があります。

その他のマナーとして、急なキャンセルや遅刻の際には必ず電話を入れ、相手に失礼のない言葉遣いを心がけるべきなどがあります。

Web予約

ホットペッパービューティーなどのサイトで、エステサロンのWebが出来ます。大手エステサロンなら、その会社のホームページから予約が取れたり、予約の確認が出来ます。

メリットとして、24時間いつでも予約が取れることや、申込サイトによっては、ポイントサービスなどの特典がもらえるかもしれず、書類や契約などの手間が省け、新規での予約が手軽に行えることがあります。

デメリットとして、契約内容を理解せずに、ワンタッチで契約してしまう危険性や、自分が予約したい時間帯のご入力、電話番号を控えておかないと、急な変更に対応してもらえないことがあります。

Web予約は大変便利ですが、予約内容について、店から電話が来ることがあります。携帯電話の番号も、「お客様情報」に登録しておきましょう。

友達の紹介

エステサロンは、友達紹介キャンペーンを利用すると、割安で利用できます。友達といっしょに来店する形が一般的ですが、メールで友達を勧誘して、指定のフォームから登録してもらうことも可能です。

メリットとして、友達を紹介すれば、紹介者も特典がもらえることがあります。特典の内容はさまざまですが、料金の割引サービスが多いです。

デメリットとして、高額な費用が必要となる、エステサロンへの契約を勧めれば、その方に多大な出費を強いることになります。このことがきっかけで、その方と疎遠になってはいけません。十分気をつけましょう。

注意点として、友達の勧誘はあくまでも任意です。お店から、友達を勧誘するように勧められても、断って大丈夫です。

注意点

エステ予約の注意点とは?