敏感肌

敏感肌は、多くの女性の悩みのタネです。小さいころは全く考えにも無かったことが、年を取るごとに少しずつ現実味を帯びてきます。ある人にとってはなんともない事が、別の人にとっては一大事であるケースは多いです。

軽度の場合なら、化粧水を弱酸性や弱アルカリ性の商品に変えれば十分ですが、重度の場合は、非常に繊細なケアが必要です。もし毎日の洗顔やメイク落しが苦痛なら、遠慮せずに病院に行って、診察を受けましょう。

「季節の変わり目などにありがちな、敏感肌とは?」
敏感肌は、乾燥肌やアレルギー、紫外線など、色々なことが原因で起こります。個人差はありますが、化粧水を使っただけで肌に痛みを感じる事や、シャワーが浴びられなくなる事があります。強い痛みを感じるなら、すぐに病院に行きましょう。

「まず洗顔フォームを見直そう」
手軽に出来る敏感肌対策として、洗顔フォームの見直しがあります。肌に優しい弱酸性の洗顔フォームがオススメですが、それでも痛みを感じるなら、弱アルカリ性の商品を選びましょう。

洗顔フォームは良く泡立てて使いましょう。顔をすすぐ時はぬるま湯を使い、タオルは顔に押し当てるようにして使いましょう。

「洗顔できたらすぐ保湿」
時間が経つほど、顔は乾燥します。洗顔後にすぐ使えるように、近くに化粧水を置いておきましょう。

化粧水はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸をたくさん含んだ商品が良いです。一度にたっぷりと使えるように、手ごろな値段の化粧水を使いましょう。コットンは繊維が肌に刺激を与えますので、手のひらを使いましょう。

保湿効果が見込めたとしても、またすぐに肌が乾くことがあります。部屋の湿度を一定に保ち、肌の乾燥を防ぎましょう。

「基本中の基本、生活習慣の改善」
当然のことながら、生活習慣の乱れは肌荒れの原因です。飲酒や喫煙、油分や糖分の多い食事はさけ、過度な塩分も控えましょう。

部屋をきれいにして、掃除をする事も大切です。ホコリやハウスダストなど、アレルギーの原因になる物質を取り除くことで、ある程度症状を緩和できます。

肝心なのは、直接的な対策だけではありません。日ごろの生活習慣の改善など、間接的なケアも大切です。睡眠不足の方は、しっかりと睡眠をとりましょう。